2010年11月29日 スーパー堤防らしき部分の上と下の建物
 ここは東京都墨田区~江戸川区平井、荒川(荒川放水路)のスーパー堤防らしき部分。江戸時代からちょっとした高台すら存在しない場所で高くなった部分は荒川の堤防の中層で壁に近寄って自分と比較すると高さは4メートルもない。
 当たり前だけど盛り土してから家を建ててるから堤防側に古い家は1軒もない。一部だけなのでどこか決壊して水没したら陸の孤島となり家はあっても生活は続けられない。堤防決壊しなくても越水に至る事態になれば高さは足りない。過去の洪水から盛り土して家が建ってる高さより堤防はもっと高くされているのだ。川を埋め尽くすほどの水がきたら、どのみち終わりである。

 関東の河川の弱点は他にもあるのでスーパー堤防が全て整備されたと仮定しても東京を水害から守ることはできない。私が生まれるより遠い昔に荒川放水路、江戸川放水路、新中川は完成していたが、足立区、葛飾区、江戸川区を水没させたのはどこか考えれば先に守るべきはほかにある。そんなことも知らぬ地方出身者ばかりになってしまったのか 東京は!

周りじゅう囲ってしまうしかないのが東京ゼロメートル地帯。今のところ完全防備は無理、起きた時の対策を打つしかなかろう
<追記 2012年9月19日> 東京都は「地震・津波に伴う水害対策に関する都の基本方針」を策定。M8.2の海溝型地震が発生しても津波などによる浸水を防止するよう策定。堤防、護岸の4割で損傷する恐れがあり、コンクリートの打ち増し、地盤改良で補強する。水門は開閉できなくなる恐れがありコンクリート等による門柱等の巻きたてで補強する。水門・ポンプの電気施設は高潮高より高い位置に設置。

昔からの伝承を受け継いでる側としては、そらみたことか なのだが、2011年 東日本大震災にて浦安ほどではないにしても地盤の傾きは発生しているので地中深くに埋まってるわけじゃない堤防に関して不安は残る。私は子供の頃に一面が湖のようになった写真を見せられているが、堤防が決壊しただけで2メートル水没だから津波や高潮、台風が重なったらどうなるかわからない。

<追記 2018年4月1日> 2018年3月30日、東京都港湾局は巨大台風に襲われた場合の高潮による浸水想定図を公表。東京23区の3分の1が浸水し、特に墨田区99% 葛飾区98% 江東区68%が浸水、葛飾 江東 中央 3区の一部で浸水深さは10mになるところがあるとのこと。そうなると最低4階への避難が必要となり一般住宅および、この盛り土な程度では意味がないことになる。スーパー堤防なんて実現不可能よりも弱い部分の強化と避難が重要だと私が考えた通りとなった。これで東京も知らぬエセ都会人の役人は考えを改めるしかない。さて、千葉へ逃げると考えて松戸、市川、行徳と3kmごとくらいしか橋がない!矢切の渡しの風情なんてバカなことぬかしてないで橋を作ることだ。